炭酸水は体にいいの?

炭酸水は体にいいの?

炭酸水は体にいいという話をきいたことがある方もいるかもしれませんね。
炭酸水を飲むと、便秘が解消できるとか、満腹感が得られるので、ダイエットにいいなんてよくいいます。
炭酸水を飲むことにより、血管が広がって血行が促進され、血液がサラサラになったり、代謝が上がりやすくなるともいわれていますね。
また、炭酸水は酸性なので、ミネラルなどが溶けやすくなっており、体への吸収率が上がるという説もあります。
それに、体内に入った炭酸水は、弱アルカリ性に変化し、弱酸性に傾きがちな体を中和してくれるそうです。
体が弱酸性に傾いていると、疲れが取れなかったり、太りやすくなってしまうのです。
つまり、炭酸水はダイエットにいいだけでなく、アンチエイジング効果や疲労回復効果も期待できるので、体にいいということになります。
ただし、いくら体にいいといわれているからといって、水代わりに炭酸水を飲むとなると、胃腸に負担がかかりすぎてしまう可能性があるでしょう。
便秘が酷い場合や腸閉塞を起こしている時に炭酸水を飲むと、とても危険なので注意が必要です。
体のことを考えて、または、ダイエットのために炭酸水を飲む場合には、炭酸飲料ではなく、天然の炭酸水を飲むようにしてください。
糖分や食品添加物が大量に含まれた炭酸飲料では、逆に体によくないですし、カロリーオーバーになってしまいます。
さらに、ミネラルが豊富に含まれている硬度の高い炭酸水の場合、お腹を壊して下痢になってしまう方も少なくありません。