赤ちゃんに適した水の選び方とは?

赤ちゃんに適した水の選び方とは?

赤ちゃんが生まれたら、安全で綺麗な水を与えたいと思うのが親心でしょう。
特に、初めての赤ちゃんであった場合、どんな水が赤ちゃんにとって安全なのか迷ってしまうこともあるかもしれません。
赤ちゃんに適した水とは、一体、どんな水なのでしょうか。
赤ちゃんに適した水を選ぶポイントは二つです。
体に有害になる不純物が混ざっていないことと赤ちゃんの体の負担となるミネラルが入っていないこと。
この二つに気をつけてください。
まずは硬水よりも、ミネラル成分を含まない軟水を選びましょう。
硬水はミネラル成分が豊富なため、赤ちゃんの内臓に負担を掛けてしまいます。
日本の水道水は軟水です。
なので、赤ちゃんに飲ませても問題ありません。
しかし、水道水にはカルキやトリハロメタンなどの有害物質も含まれているので、浄水器を使うなどして不純物を取り除きましょう。
それでも水道水を飲ませなくないという場合には、純水(ピュアウォーター)を選ぶのもいいですね。
近所のスーパーに無料の純水装置が置いてあれば、労力はかかりますが、費用は容器代だけですみます。
ただ、塩素が入っていないため腐敗しやすいので、保存に気をつけ、一度沸騰させる方がいいかもしれません。
ペットボトルで売られている煮沸要らずのミルク調乳用の水も手軽で便利ですし、赤ちゃん専用の水ですから安心です。
お金はかかりますが、レンタルのウォーターサーバーを設置すると、ミルクを作るのに適温のお湯がすぐ使えるので、安全な上にとても便利でしょう。
純水の宅配はミネラルウォーターに比べると価格が安いこともあり、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを設置している家庭も少なくありません。