軟水と硬水の違い、どちらが良い?

軟水と硬水の違い、どちらが良い?

水には硬水と軟水があります。
硬水と軟水の違いは、含まれているミネラルの量です。
ミネラルウォーターにはミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)が含まれていますよね。
その水に含まれているミネラル量の指標になっているのが、「硬度」です。
硬度が高い水を硬水、硬度が低い水を軟水と呼びます。
ミネラルが多く含まれているほど、硬度の高い水になります。
そして、各国で基準が違いますが、日本では硬度100未満を軟水、硬度100〜300未満を中軟水、硬度300以上を硬水と定義しているのです。
日本の水道水は軟水であることがほとんどでしょう。
一般的に、日本人の口には軟水が合っているといわれています。
軟水を炊飯などの料理に使ったり、コーヒーや緑茶を淹れるのに使用すると、より素材の味が引き出されておいしくなります。
一方、ダイエットで食事制限をしている場合や便秘の解消などには、ミネラル豊富な硬水の方が適しているかもしれません。
硬水には肉の臭みを抑える働きがあるので、肉料理や鍋料理に硬水を使うとよりおいしくなるでしょう。
ただ、あまり硬度が高い硬水を飲み続けると、内臓に負担をかけてしまう可能性が高いです。
軟水を飲みなれている日本人の体には、あまりにミネラル成分が豊富に含まれすぎている硬水は合わないことも多いのです。
もし、硬度の高い水を飲んでいて下痢をするようなら、もっと硬度の低い水を飲むようにした方がいいでしょう。
いくら硬度の高い水で体にいいミネラルを摂っていても下痢をしてしまっては何にもなりません。
また、硬水を赤ちゃんの調乳に使用すると、まだ未発達な赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいます。
赤ちゃんの調乳には、硬度のごく低い軟水かミネラルと不純物がほとんど含まれていない純水を使いましょう。