毎日2リットルの水を飲むといい?

毎日2リットルの水を飲むといい?

「毎日2リットルの水を飲むといい」なんて、よくいいますよね。
では、どうして、毎日2リットルの水を飲むといいのでしょうか。
人間の体は、50%から70%が水でできています(若いほど水分の占める割合が高い)。
体内の水分が不足してしまうと、体温調整が上手くいかなくなったり、老廃物を排出できなくなったりするのです。
体に充分な水分がないと、血液の循環もスムーズにいかなくなるので、冷え性になってしまうともいわれていますね。
だったら、喉が渇いたら水分補給をすればいいと思うかもしれません。
でも、喉の渇きを自覚した時には、すでに体は脱水症状を起こしてしまっています。
それに、口渇中枢が体に必要なだけの水分を摂る前に潤ったと判断してしまうので、一度にたくさんの量の水を飲もうとしたり、冷たい水を飲むのもよくありません。
正しい水分補給のやり方としては、一時間ごとにコップ一杯程度の常温の水をゆっくりと飲むというものです。
この場合の水は水道水ではなく、できれば軟水のミネラルウォーターなどがいいでしょう。
少なくても、塩素が含まれていない浄水器を通した水を飲むようにしてください。
冷えた水を飲むと胃腸に負担をかけてしまいますから、飲みにくいと感じても常温で飲む方がいいですよ。
また、コーヒーやお茶、清涼飲料水などでは水分補給できないと考えるようにしましょう。
これらの飲み物は尿の排出を促進してしまうので、逆に脱水症状になりやすくなってしまいます。