ウォーターサーバーは震災に強い?

ウォーターサーバーは震災に強い?

ここ数年、日本は地震や津波、竜巻や土砂災害など、数々の天災に見舞われてきました。
そして、大きな天災が起こった後には、電気や水道、ガスといったインフラの問題が必ず発生します。
特に電気や水道は、私たちが毎日生活する上で必要不可欠なものです。
インフラの問題が起こった場合、電気はわりと早く復旧しますが、水道は水道管が破裂してしまったりすると、上水も下水もストップし、復旧まで時間がかかります。
普段から水や非常食を備蓄していればいいのですが、完璧に備えている人はなかなか少ないと思います。
それに、もし、天災に見舞われてしまったら、多くの人が飲み水や食料を確保したいと考えるために買い占めが起こり、お店に行っても売り切れで買えないということも起こりかねません。
そういう時にウォーターサーバーがあると、非常に便利で安心です。
水が入っているボトルは密閉性が非常に高く、細菌やウイルスなども入らないため、とても衛生的です。
保存期間も約1年間ですので、いざというときに重宝します。
そして、停電してしまった際でも、ほとんどの業者のサーバーは使うことができます。
もちろん、電気が通っていないので、冷却または保温された水は飲めませんが、サーバーにボトルが設置されていれば飲むことは可能です。
また、ウォーターサーバーの水は安全性を確認したものが配達されているため、天災後の水道水汚染が気になる人にとっても、とても重宝する備蓄水であると思います。