ウォーターサーバーは、水の購入にノルマがある?

ウォーターサーバーは、水の購入にノルマがある?

最近、水の安全性を重視する人が増え、ウォーターサーバーの需要もここ数年でだいぶ増えてきました。
以前はウォーターサーバーといえば、オフィスや店頭や病院などでしか見かけませんでしたが、最近は一般家庭向けのウォーターサーバーが普及し、自宅に設置している人が増えてきました。
中には自宅にウォーターサーバーを置くなんてちょっと贅沢だなと思う人がいるかもしれません。
でも、普段から水を多く使ったり飲んだりする人にとっては、水代やサーバー料やメンテナンス料などトータルで見てもペットボトルで購入するよりもお得なのです。
水代だけで見ても、12L入りのタンク1本につきおおよそ1500円前後で、500mlで換算するとおおよそ60円前後しかかかっていません。
しかも、専用のボトルに入っており、密閉性が高く雑菌が入らないため、非常に衛生的でいつでもきれいな水が飲めますし、お湯と水との両方で使い分けられるので非常に便利なのです。
このように、ウォーターサーバーは経済的にも利便性的にもメリットの方が多く、デメリットと言えば設置スペースの確保ぐらいでしょう。
それも今は、だいぶスリムなサーバーが増えてきているので、そんなに場所をとらなくてすみます。
しかし、実際、ウォーターサーバーを導入しようと思っても、ウォーターサーバーを扱っている業者はたくさんあります。
各業者ごとにサービス内容が異なるので、よく比較検討しなくてはなりません。
比較する上で注意する項目の一つとして、水の注文ノルマの有無をチェックしましょう。
業者によってはノルマがなく、水がなくなったら電話注文して持ってきてもらえたり、逆に毎月最低2本以上注文しなければならないというノルマがあったりとさまざまです。
ノルマがある業者でも殆どの業者が一時注文をストップできるところばかりですが、中にはストップできない業者がありますので注意しましょう。