最近話題のウォーターサーバーって?

最近話題のウォーターサーバーって?

おいしい水が飲みたい。
子供のために安全な水を使いたい。
ビタミンやミネラルを豊富に含んだ水を飲みたい。
お茶やコーヒーをもっと美味しく飲みたい。
でも、ミネラルウォーターを運ぶのはとても重労働ですし、お金も結構かかりますね。
そこで、もっと安く、もっと手軽においしい水を利用できる方法はないだろうかと考える人も多く、そんな人達の間で支持されているのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーとは、様々な種類のミネラルウォーターやピュアウォーターをセットするだけで、常時、温水と冷水が給水できる仕組みになっている機器のことをいいます。
食堂や会社などに設置してあることが多いですね。
近年では、ウォーターサーバーは色々な会社がサービスに参入しており、ウォーターサーバーをレンタルして水を購入するというのが一般的なシステムです。
ウォーターサーバーは、それぞれの会社専用のウォーターボトルが設置できるようになっており、注文すると自宅までボトルを配達してくれます。
ウォーターサーバーのレンタル料や取り扱っている水の種類、ボトルの形体や料金、メンテナンスについてなどは、その会社によって異なっています。
例えば、ボトルが使い捨てだったり、回収してリサイクルしたりという違いもありますね。
水1リットル当たりの料金が市販のミネラルウォーターと比較すると格安で、いつでも温水と冷水が使用できるのに、電気代は保温ポットと同じくらいかそれ以下で済み、重い買い物から開放されるという点が人気です。
複数の種類の水を用意しているところもあり、好きな水を選べるという点も魅力でしょう。

最近流行のウォーターサーバー水宅配サービスとは?

最近では、ウォーターサーバー水宅配サービスが一般的になってきました。
ウォーターサーバー水宅配サービスは、いつも飲み頃に冷えていておいしい水を手軽に飲めるのでとても便利です。
今では色々な会社があって、その特徴や値段も様々ですね。
自宅にウォーターサーバーを設置する場合には、いずれかの水宅配サービスの会社と契約を交わし、ウォーターサーバーをレンタルします。
そして、その会社の水を定期的に購入することになるというのが基本的なシステムです。
定期的な購入ノルマがある会社もありますし、自由に自分のペースで注文できる会社もあります。
月々700円前後のウォーターサーバーのレンタル料がかかる会社もあれば、無料の会社もあり、料金体系などはその会社によって違うのです。
サーバーは常に電気を使用するため、月に1000円程度の電気代がかかると思った方がいいでしょう。
その代わり、冷蔵庫に水を入れておく必要はなくなりますし、飲み頃の温度のお湯がいつでも使えます。
一年、もしくは、二年に一度、専用工場でのウォーターサーバーメンテナンスが必要となり、5000円前後のメンテナンス料がかかる会社が多いです。
水の宅配料は無料というところがほとんどでしょう。
ウォーターボトルをリサイクルするタイプなら、環境に優しくゴミが出ない代わりに保管するスペースが必要となります。
衛生面と利便性を考慮し、ワンウェイタイプのウォーターボトルにして、折りたたんで捨てられるようにしている会社も少なくありません。
配達している水もその会社によってそれぞれ特徴があります。
大きく分けると三種類になり、国の基準を満たした安全な原水や天然水から不純物などをほぼ完全に取り除いた純水(ピュアウォーター)、純水に人工的にミネラルを加えたミネラルウォーター、天然のミネラルウォーターを最低限の衛生処理で提供するナチュラルミネラルウォーターです。
傾向としては、純水が一番安く、次に人工的なミネラルウォーター、ちょっと価格が高いのがナチュラルミネラルウォーターでしょう。