ウォーターサーバーの電気代っていくらぐらい?

ウォーターサーバーの電気代っていくらぐらい?

最近では、原発問題の影響で放射性物質に対する関心が急速に高まっていると思います。
店頭などでも、ウォーターサーバーのデモンストレーションを行っているシーンをよく見かけるようになりました。
ウォーターサーバーは会社で使用しているイメージが大きいですが、近頃ではご家庭で使用されている方も増えて来ました。
飲料水の安全性を考えると、ミネラルウォーターを購入するか、ウォーターサーバーや浄水器を使用するかになると思います。
そこで、今回はウォーターサーバーの電気代について調べてみました。
ウォーターサーバーは、24時間いつでも冷たい水・熱いお湯を使用することが可能ですので、基本的には24時間電源は入れたままということになります。
ウォーターサーバーをレンタルしている業者は様々あり、その業者によって使用している機種が異なります。
そのため、あくまでも概算ではありますが、一般的なウォーターサーバーにかかる1ヶ月の電気代は1000円前後でしょう。
ちょっと高いと感じるかもしれませんね。
でも、例えば、電気ポットを24時間つけたままにしておく場合にも、1ヶ月の電気代は大体1000円前後だそうです。
それに、冷蔵庫でミネラルウォーターを冷やさなくていいので、その分のスペースが空きます。
また、冷蔵庫を開ける回数を減らすこともできるでしょう。
さらに、「省エネサーバー」とネーミングされているような機種であれば、年間で最大7000円も電気代を節約することができるようです。
とはいえ、ウォーターサーバーにかかる費用は電気代だけではありません。
サーバーレンタル料金やボトル代もかかるので、全てを踏まえた上でウォーターサーバーの利用を考慮されるといいでしょう。