ウォーターサーバーの水は放射能汚染対策してる?

ウォーターサーバーの水は放射能汚染対策してる?

私達が生きていくうえで必要不可欠な物・・・それは水ですよね。
原発事故の影響で、水道水から安全基準を上回る放射性物質が検出されてからというもの、水の安全性について考えるようになった方が増えました。
では、一体どのような水対策をとることが賢明なのでしょうか。
水道水は放射性物質を除去することが出来ず、浄水器を使用したとしても、フィルターに放射性物質などが蓄積されてしまうので、確実に安全だと言い切ることは出来ません。
どんなに高額で高機能だと言われている浄水器でも、カートリッジを定期的に交換しなくてはいけないのです。
やはり、放射性物質対策として一番安全だと考えることの出来る物は、ウォーターサーバーだと思います。
実際、放射性物質検出報道がされた直後には、ウォーターサーバーの注文が殺到して品切れ状態になりました。
ウォーターサーバー業者が提供している水は、厳選した取水地で採水した水を原水にしていることがほとんどです。
どんな水を提供しているのかは、それぞれの業者にもよりますが、その説明を信じる限り、放射性物質が混入する可能性は低いと考えられます。
また、放射性物質検査成績表をホームページで確認できるウォーターサーバー業者もあります。
中には、ハワイなどの海外の水を原水にしているウォーターサーバー業者もありますから、取水地で選ぶというのも一つの方法でしょう。
それに、放射能物質も除去できるというRO膜でろ過したピュアウォーター、もしくは、ピュアウォーターに人工的にミネラルを加えた水を提供しているウォーターサーバー業者を選ぶのもいいですね。