ウォーターサーバーのメリット、デメリットって?

ウォーターサーバーを入れるメリットデメリットって?

東日本大震災後、原発問題の影響などで安全や健康に対する関心が急速に高まっていると思います。
そんな中で最も関心を集めているのが、「水」についてではないでしょうか。
水道水にも放射性物質が検出されたというような報道がされるようになり、ミネラルウォーターが売り切れ状態になったこともありました。
それに、最近では、ウォーターサーバーの案内を店頭で行っている場面をよく見かけるようにもなりました。
以前は会社などで主に使用されていたウォーターサーバーですが、近頃では一般のご家庭でも使用される方が多くなっています。
ウォーターサーバーを入れる一番のメリットは、便利で安全ということでしょう。
災害などで水道が使用出来なくなってしまった場合でも、ウォーターサーバーであれば、水を飲むことができます。
また、ピュアウォーターやミネラルウォーターを使用している業者がほとんどなので、放射性物質などが混入している危険性が、浄水器を使用するよりも断然低いのです。
心配や不安を抱くことなく、いつでも冷たい水・熱いお湯を使用することができますし、わざわざスーパーやドラッグストアに足を運んでペットボトルを購入するという手間を省くことができます。
ただ、もちろん、メリットだけでなくデメリットもあります。
最大のデメリットは、やはり、コストがかかるということです。
ペットボトルを購入するのに比べると、トータル的な年間コストはどうしても割高になってしまうでしょう。
それに、業者によっては、ウォーターサーバーのメンテナンスが必要だったり、ボトルのセットが負担になるということもあるようです。

ウォーターサーバーのメリット、デメリットって?

ウォーターサーバーのメリットは、ミネラルウォーターのような重い荷物を運ぶ苦労がなくなることが、女性から一番支持される理由でしょう。
それに、ミネラルウォーターやピュアウォーターの中から好みの水を選ぶことができますから、健康状態や目的に合わせた水を選べるという点も大きなメリットです。
また、一度使うと手放せなくなる理由として、常時温水と冷水が利用できるという点もとても大きいと思います。
市販のミネラルウォーターを沸かしてお茶やコーヒーに使うという家庭はなかなかないと思いますが、ウォーターサーバーならそういう利用の仕方もできてしまいます。
夏場も冷蔵庫をミネラルウォーターが占領することがなくなりますから、この点も主婦の方にとってはありがたいことですね。
では、デメリットはどうでしょう?まず、ウォーターサーバーは設置する場所が必要です。
だいたい35センチ四方のスペースが必要となりますから、狭い住宅だと難しいかもしれませんね。
また、ウォーターサーバーのボトルは基本的に12リットルと大きい容器ですから、とても重たいです。
その水をウォーターサーバーの上部にセットするのは、女性だとちょっと大変かもしれません。
電気代に関しては、沸騰ポットと同程度の電気代ですから、沸騰ポットの電気代で温冷水が使えると思えばデメリットとはいえないでしょう。
衛生面については、サーバーの構造で無菌システムを取り入れたり、ボトルの形状で菌が繁殖しにくくしたりと各社それぞれに独自のシステムを取り入れています。